スポンサーリンク
おいちゃんの経済学復習コース

おカネの価値って誰が決めてるの? 租税貨幣論と信用貨幣論

『東大生が日本を100人の島に例えたら面白いほど経済がわかった!』で学ぶ経済学復習コーナー。 前回までのCHAPTER 1では島に住む100人のヒトたち(と言っても動物たち)が役割や資源を効率よく分担・分配するために「国」というシステムを作...
映画・ドラマレビュー

【レビュー】ドラマ『風よ、鈴鹿へ』熱かった時代のノスタルジー

作品概要 『風よ、鈴鹿へ』は島田紳助の同名の小説を原作としたテレビドラマ。1988年11月5日、TBSの土曜ドラマスペシャル枠で放送。 タレントとして人気を博した島田紳助が、毎年夏に行われる「鈴鹿8時間耐久ロードレース」にベテランレーサーを...
おいちゃんの経済学復習コース

国とルールとおカネで物資の分配と役割分担がスムーズに

CHAPTER 1-4 ルールとお金を作ろう 100人のヒトたちが暮らす島。そこでは食料やモノ、サービスをどうやって分けるか、誰がその仕事をするのかを決める方法に悩んでいました。 そこで島のヒトたちは「国」というシステムを作り、島のルールや...
おいちゃんの経済学復習コース

100人が住む島に必要なものはなんだ?

CHAPTER 1-1 ケイザイ以前の話 『東大生が日本を100人の島に例えたら面白いほど経済がわかった!』(ムギタロー著)で経済を復習するシリーズ、今回からいよいよ第1章に入ります。 第1章では最初に100匹のチンパンジーと100人のヒト...
おいちゃんの経済学復習コース

『東大生が日本を100人の島に例えたら……』で学ぶ経済入門

ど~も! いちおう「経済学士」のおいちゃんです。 今から40年ほど前、地元でレジャーランドと呼ばれるアミューズメントパークに通い、卒業時に「経済学士」の称号をいただきました。 が、4年分の年間パスポートでモラトリアムを満喫したにもかかわらず...
映画・ドラマレビュー

【レビュー】映画「plan 75」が暴き出す冷たく不寛容な日本社会

作品概要 「plan 75」は2022年6月17日に公開された早川千絵監督・脚本の日本映画。75歳以上の国民に自分の意志で安楽死する権利(通称「plan 75」)が認められ、制度を利用する人たちと制度を支える人たちの人間模様を描いています。...
映画・ドラマレビュー

【レビュー】映画「鉄道員(ぽっぽや)」父と娘の時空を超えた感動の再会物語

作品概要 映画『鉄道員(ぽっぽや)』は北海道の赤字路線を守る駅長の生涯を描いた作品。原作は浅田次郎の短編小説。第23回日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀主演男優賞など多数受賞。 公開:1999年6月5日 上映時間:112分 配給:東映 ...
映画・ドラマレビュー

【レビュー】映画「駅 STATION」冬の北国で心がすれ違う男と女

作品概要 『駅 STATION』は1981年に制作された北海道を舞台とした作品。高倉健が演じる北海道警察の三上と関わる3人の女たちが描かれ、八代亜紀のヒット曲『舟歌』が印象深く使われています。 1982年の第5回日本アカデミー賞では最優秀作...
映画・ドラマレビュー

【レビュー】映画「ひまわり」ロシア・ウクライナ紛争の今、あらためて評価される作品

作品概要 制作・公開:1970年 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サベーリエワ 2022年2月ロシアによるウクライナ侵攻で再び注目されているのが1970年の映画『ひまわり』で...
スポンサーリンク