映画・ドラマレビュー

スポンサーリンク
サスペンス・ホラー

映画『犬神家の一族』なぜ佐兵衛は惨劇を招く遺言書を残した?

作品概要 頭部をスッポリ覆うゴムマスク。湖水から突き出た死体の両足。1976年の映画『犬神家の一族』はインパクトのある映像が話題を呼んで大ヒットしました。 物語は一代で巨富を築いた犬神佐兵衛が残した遺言書によって、親族のあいだに次々と惨劇が...
SF

『日本沈没』はSFじゃない?生きるためには今から備蓄を

あなたは今の日本が危機的な状況にあることをご存知だろうか? 今後30年以内に日本が地震や津波におそわれる確率は60〜80%だ。日本海溝・千島海溝地震が60%、南海トラフ地震が70〜80%。この他にも富士山の噴火や首都直下型地震など、これから...
映画・ドラマレビュー

『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』レビュー:明るい科学の未来も恐怖の大王も来てくれなかったディストピアな21世紀

作品概要 1970年代、あの頃のぼくたちにとって、21世紀は夢と希望にあふれた未来のはずだった。しかし、やってきた未来は夢も希望もない毎日。思い描いた明るい科学の時代は到来しなかったのに、最悪の未来だけが実現しようとしている。 秘密基地、5...
スポンサーリンク
映画・ドラマレビュー

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』:どん底の日本に必要だった「お伽話」

作品概要 シリーズ3作目となる『ALWAYS 三丁目の夕日'64』は、第1回東京オリンピックが開催された昭和39年の東京下町が舞台。敗戦からの復興を経て、オリンピック特需に湧いた上り調子の日本。人々の生き方にも、いろいろな可能性があった古き...
映画・ドラマレビュー

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』前作より話に広がりと深みが出て見応えあり!

作品概要 シリーズ2作目となる『ALWAYS 続・三丁目の夕日』は、時間軸を前作から4ヶ月後の昭和34年に設定。 失踪したヒロミのその後や茶川の芥川賞へのチャレンジ、鈴木家で預かることになった美加、ロクの幼なじみ武雄などが登場。さらに鈴木は...
映画・ドラマレビュー

『ALWAYS 三丁目の夕日』レビュー:古き良き時代のジャパニーズ グラフィティ

作品概要 『ALWAYS 三丁目の夕日』は西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を原作に、高度経済成長期の人々を描いた映画。 監督は『永遠の0』や『ゴジラ-1.0』などを手掛けた山崎貴。完成度の高いCG(コンピュータ・グラフィックス)やミニチュアを...
映画・ドラマレビュー

『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』は実在する葬儀屋の広告映画?

作品概要 『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』は「終活」をテーマにしたコメディー映画。一組の老夫婦が終活を巡って巻き起こす騒動が家族の絆を結び直します。 喜劇としてはじゅうぶん楽しめる作品ですが、実在する葬儀社の広告宣伝映画というとこ...
映画・ドラマレビュー

『マルサの女2』レビュー:マルサが勝てない日本を食い物にする奴ら

作品概要 映画『マルサの女2』は前年の1987年に公開され話題作となった『マルサの女』の続編。土地を転売して暴利を目論む「地上げ」を題材に、社会を裏から牛耳る政治家や大企業の暗躍をテーマにしています。 バブル景気に沸いた時代の作品ではありま...
映画・ドラマレビュー

『マルサの女』:一見すると勧善懲悪だけど悪の組織「財務省」の下部組織じゃあね

作品概要 映画『マルサの女』は1987年に公開された故・伊丹十三監督の4作目となる作品。悪質な脱税事件を専門に調査する国税局査察部(通称:マルサ)の活動を描いた話題作です。 第11回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本...
映画・ドラマレビュー

映画『すばらしき世界』:ささやかな幸せを集めるしかないこの国って、もうオワコンっぽい

作品概要 映画『すばらしき世界』は「復讐するは我にあり」などで知られる佐木隆三の小説「身分帳」を原作に、人生の大半を塀の中で過ごした男が社会復帰を目指す過程を描いた作品。時代設定を現代に変更することで、生きづらい今の世の中がより鮮明に描かれ...
スポンサーリンク